①ほっと面談によるこころの健康の管理

 

  • 固定の曜日で職員との面談が確保され、雑談から相談事まで相談できる
  • 作業に関して、プライベートで何か悩んでいる事、困った事などが相談できる
  • 生活リズム等何かしらアドバイスや助言を受けることができる
  • 就職、将来を見据えて自分の現状が把握できるようにしていく
  • 就労したい、その目的や今後の進路など一緒に計画を立てる事も可能

 

②体験プログラムで以前納品した作業を疑似体験

 

  • 名刺・名簿の文字起こし作業
  • 資料のテキスト化、データ化
  • テープ起こし作業
  • Photoshop等の画像加工作業
  • 商品登録作業
  • 動画加工作業
  • Webバナー作成作業
  • スキャニング、PDF化
  • アンケート集計作業
  • ブログ等のライティング作業
  • 営業リスト作成、価格調査作業
  • 記帳代行

③ビジネススキルの向上

 

    • 面接の対策
    • 自己PRの対策
    • 履歴書作成の添削
    • 事務能力向上のプログラム
    • フィードバック/ブリーフィング等の意見交換会
    • 研修等によるスキルアップ そのほか

④施設外就労へのステップ

 

  

  

    • 通所できる身体・精神面のコントロール
    • 服薬の管理と・通院の安定化
    • 日々の規則正しい生活リズム
    • 他者とのコミュニケーション、協同作業
    • 職場におけるルールとマナーの意識づけ
    • 職務における知識や技術の蓄積

 

④職業準備性ピラミッドに基づいた支援

 

『就労準備性』とは、障害の有無に関わらず働く上で必要とされる、働くことについての理解・生活習慣・作業遂行能力や対人関係のスキルなどの基礎的な能力のことです。

働き続けるためには・・・

「健康管理」「日常生活管理」「対人スキル」「作業スキル」「適性」という5つの資質が必要とされています。